SSブログ

南栗橋車両管理区本区観察(2018.2.12) [鉄道(東武)]

正門付近には入場線他には車両はいませんでした。ずいぶんと閑散としています。

収容線には6159Fが停車。検査のための入場です。6050系では廃車された編成もいますが何を切り分けにしているのかよくわかりません。

200系も検査のため入場。こちらは203F。

38番線には634型。珍しく「太田」行きを表示。

36番線には71708F。先週5日に甲種輸送で到着したばかりの編成です。

ドアにまだシールが貼られていませんのでまだ運用には入らないと思います。

33番線に31609F+31409Fが停車していますが、昨年12月あたりからここにいます。運用から外れているのでしょうか。

通電はしているので休車ではないです。

29番線にいる51068F。再び休車札が取り付けられており、動きはありません。強いていえばカーテンが開けられました。

前回紹介したとき書き忘れましたが、ワイパーが撤去されています。

転削線には6163Fが入線中。
<おまけ>

春日部支所にいる21857F。2018年1月で検切れなのですが、検査は受けていないようでここに停車しています。特に休車というわけではなさそうですが・・・。70000系の増備が行われ、20000系列のワンマン化工事も始まっており、どうするつもりなのでしょう。
※すべて公道より撮影。

にほんブログ村

にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント