SSブログ

東武伊勢崎線などダイヤ改正 [鉄道(東武)]

6月6日にダイヤ改正が行われるのは以前から知ってはいましたが、各停等のローカルについては詳細がなく、本日ようやくリリースされました。
南栗橋-新栃木間の普通と、東武宇都宮線を直通運転させる列車が増えるというのと、館林以北でワンマン列車を行うというのが主体です。大体はラッシュ輸送改善が主体なのですけどね。

これにより浅草から太田まで行く区間急行が無くなります。そこそも太田から浅草方面まで区間急行(東武動物公園まで各停)を利用する人がどれだけいるのか…。太田から都心なら特急一択のように思えます。熊谷までバスや車で移動することもあり得ますが。
800系や850系の運用が拡大されますが、増備は行われないようですので、10000系のワンマンなどを使用して補充するのかもしれません。これまで浅草方面からの直通で使用してきた10000系列に数本余剰が発生しそうです。(3編成くらい?)

宇都宮線については直通することで効率化を図ったようにも思えます。ワンマン運転も南栗橋まで拡大されますし。ただ、6050系の運用も残るでしょうから完全に南栗橋-新栃木がワンマン化になるのはもうちょっと20400系が増えてからとなるのでしょう。
ひっそりと竹ノ塚構内の引上げ線が高架化工事により休止となることから竹ノ塚発着を北千住発着に変更となります。ただ、草加に引上げ線を造ったのですからこれまで通りでもよさそうな気がしますけど。

※2020.5.13 追記
宇都宮線との直通電車ですが、日中30分おきですから南栗橋-新栃木ー東武宇都宮で30分間隔の運転とすれば、基本的に6050系は新栃木(栃木?)以北の運転となりそうです。特急列車の栃木での宇都宮線接続については栃木の緩急接続ができない構造なので、新大平下での退避が有力で、南栗橋での接続時間をちょっと多めにとって調整させるのではなかろうかと思われます。
nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント