SSブログ

新型「やくも」と旧型「やくも」 [鉄道(JR西日本)]

4月6日に新型特急273系「やくも」がデビューしました。「かんぱち・いちろく」に乗ったあとで岡山まで移動して一泊、そこから273系と381系をそれぞれ乗って・撮影することにしました。
KS2_3847.jpg
特急「やくも」は岡山駅を2番線から発車しますが、一部ホーム柱には「やくも」のロゴデザインを模ったモニュメントがあります。
IMG_9505.jpg
ホームの座席も「やくも」のロゴにちなんだデザイン。
KS2_3858.jpg
今回乗車したのは「やくも5号」。姫路側から回送で入線してきた273系。4連を2本組み合わせた8両編成です。
KS2_3859.jpg
出雲市側先頭はトップナンバー「クモロハ272-1」。この後ろの編成はY2編成です。
KS2_3861.jpg
側面行先指示器。行先と号車番号、それに愛称名とそのロゴも。
KS2_3862.jpg
側面にも大きなロゴが貼られています。
IMG_9503.jpg
普通車指定席。可動式の枕が付いています。
KS2_3867.jpg
1号車(5号車)の1/2はセミコンパートメント車で、普通指定席券で乗車が出来ます。1人掛け用と通路を挟んで左側は2人掛け用の配置。正面に見える座席の奥は大型荷物置き場で、それを挟んでまた座席があります。シートを出せばフラットシートになるようです。
KS2_3868.jpg
こちらは2人掛け用。個室扱いでは無くJR九州の787系やJR東海の373系に似た設備です。
KS2_3869.jpg
1号車(5号車)の2/3はグリーン車指定席。今回はe5489の割引(チケットレス)で利用しました。
381系と同じく1席+2席の配置です。
IMG_9545.jpg
米子駅の駅名標。こちらも「やくも」のロゴと同じ形のものになっていました。

続きを読む


タグ:381系 273系
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いちろく号に乗車 [鉄道(乗り鉄)]

JR九州の観光列車。「かんぱち・いちろく」が4月26日にデビューしました。この列車に乗車するべく九州へと向かいました。
大分空港からバスを利用して別府駅へ。…しかしこの決断がよくありませんでした。予定では10:28に別府駅に到着するのですが、杵築インターから国道をひたすら走り、停留場でトランクに荷物があればそれを取り出したり、精算にまごついたりと遅れが発生します。しかも出発が遅れているのでその分も。結局別府駅には11時過ぎに到着し、別府11:00発なので出発したあと。後続の普通電車では大分に7分後に到着するため接続が出来ず、手としてはバスかタクシーで由布院駅まで先回りするしかありませんとのこと。
とりあえず「いちろく」の乗務員と由布院駅の駅員に由布院から乗車する旨を伝えるということで、駅員に名前を言って別府駅を後にします。
バスは由布院駅に12:10分に到着。「いちろく」は12:27分に出発と、これまた微妙。先ほどの教訓を元にタクシーを使い由布院を目指します。鉄道と違って道路はショートカットするので比較的早いです。別府駅を出てすぐさま山を登り眼下に別府市内と海が見渡せます。別府ロープウェイ乗り場を横に見て、峠を越え由布院の温泉街に出てきます。
KS2_3636.jpg
別府駅から30分ちょっとで由布院駅に到着。鉄道ではその倍近くかかります。ただタクシー代は7000円ちょっと…。平日にもかかわらず観光客が多くいます。特に中国韓国系の人が多いように見受けられます。列が出来ていますが、「ゆふいんの森2号」博多行きの列。
KS2_3660.jpg
12:22頃今回のお目当てである「いちろく」号が入線。キハ47に中間はキハ125を挟んだ3両編成。キハ47は元「はやとの風」を改造した車両です。
団体扱いの列車で、JRのみどりの窓口等では販売しておらず、専用サイトからの申込となります。
KS2_3662.jpg
中間のキハ125はストレート車体で18m車両なので、ちょっと歪です。側面に描かれている線は久大本線をイメージ。
別府・大分・由布院から乗車が出来るので、私の他にも何名か乗車していきます。
KS2_3671.jpg
入ってすぐに暖簾があり、これをくぐると客室です。
KS2_3663.jpg
多くはご覧のようなソファー席。定員3名。方向に合わせて方転できます。逆向きではちょっと辛いですし。
KS2_3667.jpg
2号車はラウンジとなっており、客室はありません。
KS2_3668.jpg
早速焼酎を購入。アテンダントがやってきて記念乗車証と、食事を運んできてくれます。本来なら大分発車したあたりで食事を運んでくれるようですが、待っていてくれたようです。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

メトロ東西線南砂町改良工事(その3) [鉄道(東京メトロ)]

5月11,12日と線路切替工事が行われ、その後の様子です。
IMG_9591.jpg
今回切り替わったのはB線(中野方面)で、A線についてはそのままです。また、従来の改札口が閉鎖されました。まずは東陽町側にあった1番出口方面の階段がご覧の通り閉鎖されています。
IMG_9641.jpg
B線の新ホームとは3箇所の連絡通路で結ばれています。その隙間から旧ホームを見ることが出来ます。こちらは旧1番出口への階段。木場駅と同じA・B線との間に壁が出来ていて3箇所の通路で行き来する格好です。
IMG_9596.jpg
同地点から葛西方面を撮影。正面に見えるのは同じ連絡通路。
IMG_9599.jpg
こちらはB線新ホームの東陽町側。壁に大きなダクトが目立ちます。壁と線路の間に空間が広がっています。
IMG_9640.jpg
東陽町側にはもう一つトンネルがありますが、これは一体…。
IMG_9642.jpg
新ホームは本設のようで、床石が敷かれていました。
IMG_9645.jpg
天井部分はまだ工事中のようです。
IMG_9603.jpg
A線の葛西側先端付近。こちらも3番出口方面への階段が閉鎖されています。
IMG_9602.jpg
同じく西葛西方面を撮影。旧B線ホーム。左奥に階段が見えますが、今は閉鎖されています。
IMG_9605.jpg
新ホームには階段・エスカレータが2箇所、階段のみが1箇所。それとエレベータ1基で改札内コンコースへと移動します。

続きを読む


タグ:南砂町駅
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小田急8000形甲種輸送 [鉄道(小田急)]

西武鉄道の2024年度鉄道事業設備投資計画のうち、サステナ車両として今年度は小田急8000形6連1編成を導入とあり、その1編成が昨夜から甲種輸送されました。
海老名-新松田・松田-沼津のルートで、ここから東海道線を上ります。
IMG_9651.jpg
横浜羽沢を通過する小田急8000形。今回の牽引機はEF65-2074。
IMG_9653.jpg
後追い。今回小田急から譲渡されたのは8261F。6連。
西武線で6連の使い道は国分寺線くらいしかなく、恐らくは同線で活躍している2000系の置き換えと思われます。8000形自体1985年に導入された割と古めな車両で、後期に造られた西武2000N系よりも古いのですが2006年頃にVVVF化改造をされており、これが譲渡の決め手となったと思われます。
IMG_9658.jpg
川崎貨物に移動。今日はここまでの運転で、翌日新秋津まで移動して西武101系263Fに牽引されて小手指へ向かうのでしょう。
貨物駅なので僅かな場所しかみることはできません。側面はまだ小田急のロゴが入ったまま。
IMG_9659.jpg
号車番号シールや優先席マークもそのままの状態。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春日部駅周辺立体交差化工事(その14) [鉄道(東武)]

5月12日初電よりスカイツリーライン上り線が仮線・仮ホームへと切り替わりました。
IMG_9370.jpg
仮上りホームは1面2線。これまで片側1面1線のホームでしたが、上下線間にあった副本線分が1番線代わりとなるようです。基本的には2番線から発車するようで、ホームにはこれまで通り種別ごとの乗車位置目標がペイントされていますが、
IMG_9371.jpg
1番線にはそれがありません。
IMG_9373.jpg
旧1番線ホームの裏側。丁度改札口があった付近です。
IMG_9376.jpg
特急券売機も設置されています。3・4番線(下りホーム)と同じタイプです。
IMG_9384.jpg
上り仮線との合流部。
IMG_9385.jpg
旧1番線へは通行止めとなっています。
IMG_9387.jpg
仮連絡通路の中間付近から1・2番線への階段が設けられています。
IMG_9391.jpg
トイレ前のエレベータは供用開始。

続きを読む


タグ:春日部駅
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

メトロ東西線南砂町駅構内線路切替工事 [鉄道(東京メトロ)]

5月11日~12日にかけて南砂勝ち駅線路切替工事に伴い、東陽町-西葛西間が終日運休となります。
IMG_9238.jpg
ということで状況を見てきました。
IMG_9242.jpg
中野-東陽町間では茅場町行との交互運転で概ね5分間隔。このため茅場町→東陽町間はおよそ10分おきの運転。
茅場町で日比谷線に乗り換え、秋葉原(岩本町)で都営新宿線か八丁堀でJR京葉線への迂回乗車と思われます。
IMG_9245.jpg
茅場町行き自体珍しい行き先表示。ただ、茅場町では折り返さず、東陽町まで回送運転。
IMG_9249.jpg
こちらは東陽町行き。
IMG_9253.jpg
東陽町駅。1番線は降車ホームとなります。お客を降ろしたあとは西船橋方面へと引上げ、2番線に入線します。
東陽町から南砂町方面に行く場合は代行バスへ乗り継ぎとなります。交通系ICカードは改札口ではタッチしないで『PASMO・Suica処理連絡票』を貰います。
IMG_9260.jpg
付近を走る都営バスだけでは無く、この江東・江戸川区を走らない国際興業バスも代行バスに。
IMG_9272.jpg
南砂町駅。建設中だった新出入口は完成しており、駅名標が入れられています。切替後となる13日からはこちらが利用開始。新1番出口となるようです。
IMG_9274.jpg
従来の1番出口は閉鎖されます。
IMG_9277.jpg
中間に位置したこちらは4番出口。同じく13日から使用開始。
IMG_9278.jpg
反対側丸八通りに面したこちらは5番出口で、13日から使用開始。仮囲いで見えませんがこの後ろのエレベータも同じく13日から使用開始。
IMG_9283.jpg
3番出口はこれまで通り利用できます。運休中は当然ながら閉鎖。出入口付近では臨時窓口が設けられており、ここから代行バスに乗る場合はここで乗車票を貰います。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中央線快速のグリーン車 [鉄道(JR東日本)]

今更ですが、中央線快速E233系に組み込まれるグリーン車を見てきました。試運転電車を撮れれば尚よいのですが、流石にそこまでは…。
IMG_9190.jpg
豊田車両センターの一番本線側に運良くグリーン車組み込み編成を見ることが出来ました。こちらはT24編成。
IMG_9193.jpg
グリーン車は4・5号車に組み込まれています。他のグリーン車と比べてドアは通勤電車と同じ幅で両開きドア。
IMG_9194.jpg
4号車はサロ233-2。平屋部の窓割りが異なっています。1席分の窓。
IMG_9196.jpg
4号車の5号車側。窓が無いのは恐らくトイレの部分と思いますが、平屋部の座席はあまり無さそうです。サロE233形式の定員は86名。
IMG_9198.jpg
5号車グリーン車。こちらはサロE232-2。サロE233形式と比べると、6号車側の平屋部に座席かあるか無いかの違い。内部はどうなっているのかは不明ですが。
IMG_9199.jpg
中央線のE233系は車端部に所属の略号の記載を消しています。グリーン車もまだ営業開始前ですが「八トタ」の文字が消されています。サロE232形式の定員は94名。トイレスペースがないせいか4号車より若干定員は多いです。2両合わせて180名。
湘南新宿ライン等で運用されているE233系3000代のグリーン車はサロE233-3000形とサロE232-3000形はそれぞれ定員90名なので同じ180名と変わりません。乗降時間を考慮して両開きにした結果座席数に偏りが出た結果となります。
IMG_9201.jpg
普通車についても4号車(グリーン車組み込み後は6号車)にトイレが付けられています。これは今の運用中の編成にもトイレは設置済み。

続きを読む


タグ:E233系
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三岐鉄道に乗車する [鉄道(三岐鉄道)]

ゴールデンウィークを利用して三岐鉄道に乗ってきました。
KS2_3522.jpg
まずは富田駅に。三岐線では老朽化した車両を置き換えるため、JR東海から211系5000代を購入したようで、構内には211系5000代3両が4編成置かれていました。駅ホームから見ると3本しか見えませんが…。
KS2_3533.jpg
駅を出て外から見ると1本ホームからは見えない編成(右端)がいます。全て静岡車両区所属の編成です。こちらは右からSS8,SS7,SS3
KS2_3531.jpg
一番ホーム側にいるのがSS11編成。正面の行先指示器や運行番号は外されています。JRのシールはついたままです。
KS2_3538.jpg
歩いて近鉄富田駅に移動。ここから電車に乗り込みます。日中は40分おきに運転しています。やってきたのは元西武401系。現在は101系を名乗ります。
IMG_9089.jpg
運転台。
IMG_9091.jpg
昭和39年(1964年)製。今は無き西武所沢車両工場で製造。整備は行き届いています。
KS2_3541.jpg
車両基地のある保々に到着。ここで下車します。丁度上り電車がやってきました。こちらは元西武701系。今は801系。
IMG_9101.jpg
こちらは車内から撮影。西武では馴染みのあるレモンイエローカラーの851系。こちらも元西武701系。
調べたところ三岐線では801系(3両)・101系(2両)がそれぞれ3編成。851系(3両)・751系(3両)がそれぞれ1編成の合計8編成在籍しています。全て西武鉄道で活躍していた車両を使用しています。現時点211系5000代は5編成譲渡されていますが、残り3編成は211系6000代(2両)とか追加購入があるのでしょうか。
KS2_3549.jpg
保々駅構内の外れにも211系が留置されています。こちらはSS2編成。
KS2_3563.jpg
朝明(あさけ)川の手前まで移動して待機。やってきたのは元西武701系。今は801系を名乗ります。先月から赤電塗装に変更して運行されています。西武線時代ではレモンイエロー色の前の塗装。子供の頃にちょっと見たくらい。
KS2_3574.jpg
丁度車両の入れ替えでやってきた元西武新101系。751系。
保々に戻って終点を目指します。

続きを読む


タグ:211系
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

上毛800形デビュー [鉄道(上毛電鉄)]

上毛電気鉄道の新型車両800形がデビューしておよそ2ヶ月が経ちました。今月からは固定ダイヤでは無く、他の車両との共通運用となりました。
IMG_9011.jpg
…とはいうものの、どのダイヤに就いているかは実際に行ってみないと分からないので、とりあえず赤城から中央前橋まで移動。こちらは700型で元京王帝都の3000系。近いうちに800形に一部置き換わる予定です。
IMG_9014.jpg
700型の車内。元京王3000系は地方に譲渡されていますが、そのうち北陸鉄道では上毛電鉄と同じくメトロ03系が、アルピコ交通では旧東武20000系に置き換わりが進行しており、残るは岳南鉄道、伊予鉄道、そして上毛電鉄となります。
IMG_9015.jpg
車窓から見る赤城山。上毛電鉄では概ね30分間隔に運行しており、それなりに本数は多く設定されています。
IMG_9016.jpg
終点中央前橋でようやくお目当ての電車に遭遇。…とんぼ返りで乗車したいのですが、とりあえず昼食を優先。
IMG_9017.jpg
正面と側面の行先指示器はフルカラーLEDに変わっています。
IMG_9018.jpg
ドアボタンも備わっており、長時間停車する駅ではドタン操作で開閉。3ドアですが、ドアボタンが付いているのは両端のみ。
IMG_9023.jpg
とりあえずこの日の運用はわかったので、中央前橋から大胡まで戻り、そこから再び中央前橋まで戻るようにします。なお、中央前橋駅から前橋駅まではシャトルバスが7時~19時の間に設定されており、上毛電鉄の電車が到着する時間にあわせて接続できるようになっています。休日は前橋駅を経由してけやきウォーク前橋まで運行。中央前橋-前橋駅間は停留所は無く大人180円(ICカードも)で乗車できます。徒歩でも移動できる距離ではありますが。
IMG_9029.jpg
中央前橋駅。そばを流れるのは広瀬川。3面3線の構造ですが、主に中央のホームと左端以外の線路を使用。
IMG_9037.jpg
中央前橋に電車が到着。時間的にすぐ折り返し出来るダイヤなのですが、かなり余裕を持っており30分以上停車するダイヤ。
IMG_9051.jpg
中央前橋から17分ほどで大胡に到着。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

南栗橋車両管理区本区観察(2024.4.28) [鉄道(東武)]

KS2_3449.jpg
入場線には11436Fのうち、クハ11436と、モハ12436がいました。
KS2_3457.jpg
いつからか分かりませんが、号車番号シールが貼られています。こちらクハ11436には8号車が、モハ12436には7号車のシールが貼られています。8両半固定化されているようです。
KS2_3454.jpg
収容線には21435Fがいます。
KS2_3453.jpg
検査棟には帯の色からして50090系のようです。
KS2_3459.jpg
SL検修線の前にはいつものようにオハ14-1とオハ14-505がいましたが、更にヨ8634がいます。
KS2_3462.jpg
SL検修庫の道路側には新しく建物を建設しています。
KS2_3467.jpg
奥の留置線へと移動します。
37番線:51055F
51055Fは保安装置の更新を行っています。既に床下機器の一部が撤去されています。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー